Help

10.14WBS「iPhone12Pro/iPhone12ProMax“iPhone12発表5G初搭載”」「一眼レフカメラへの“尋常ではない執着”A14/LiDAR/Max巨大撮像素子+光学手ぶれ補正

  • 1
  • 36

Photos: 10.14WBS「iPhone12Pro/iPhone12ProMax“iPhone12発表5G初搭載”」「一眼レフカメラへの“尋常ではない執着”A14/LiDAR/Max巨大撮像素子+光学手ぶれ補正

Photos: 18:07_10.31#Halloween Full moon in 46years「10月2度目の満月、ハロウィンの満月は日本では46年ぶり/見ると幸せが訪れる!?今夜はブルームーン」鎌倉ものがたり Photos: 10.18危険なビーナス第2話「絶対に悪い人じゃない、このまま最後まで信じぬこうと思った」嬉しいあまり吉高由里子バックハグ(^-^)信じようと思える人は大事な良い人、騙されてもいいほど好きな人。信頼愛

1週間前のちょっとした用事旅が夕方からの冷え込みで熱の風邪へ。1週間も続いています。
季節の変わり目、朝晩の気温差、乾燥、ストレス、孤独、違い、冷たい食、5分。つらいです。
そして10月もももぅ終わりそうな1週間でゾッとします。ハロウィンのダサさとXmas直前ということ2020年悪魔の年がもぅ終わろうとしてることに。

12Proが1番人気です。12よりも。しかし11月6日から予約開始される尖ったデバイス「mini, ProMax」が残されています、日本人には待望のminiが売れそうな気配です、同時に真逆の過去最大の最強のiPhone、12ProMaxも狙っている人が多いです。こちらは最強を求める撮影する人専用ですね。高い、デカイ、重いけど。

カメラ最強iPhone12ProMaxなら一眼も要りません。プロでも使っています。
この2機種、非常に悩ませます。12Proに巨大センサーシフト式の手ぶれ補正ができなかったのはやはり、筐体のサイズ制限からだと思います。大きければそれだけ大きな部品も数も詰めます。
代わりに、過去最大(愛用iPhone7Plusよりも)デカイ、(あいよりも)重い。。最強カメラ機能あってもこの重さと巨大さで気軽に撮り続けていけるだろうか?
わたしは健常者の普通の手ではない。iPhone7Plusですら構え方に苦労する。昨年の11ProMax店頭の構えてみてもギリギリか無理だった工夫が知恵が人一倍大変だった。フルスクリーンが持ちづらくさせている。
…それでも買い換えようとしている。12Proでも12ProMaxでもどちらにするか悩んでいる。モテるが持てるか?それくらい今回のiPhone12Proには買いの要素がカメラ以外にも詰め込まれている、デザイン、A14チップ、ディスプレイ、5G機能はおまけ、ないよりはいいけどこの地で先2年は使えないだろう。

…それより自身にとっては、Lightning接続端子が壊れかけてる6年もののiPad Airが優先の気もするけど。さらに、USB端子3ポート、SDスロットも壊れてる10年もののMacが先の気もするけど。Appleデヴァイス買い替えだらけだ…。iPhone7Plusは4年ものでバッテリーが。ダメージ度で優先はiPad AirとMacが同時買いくらいの緊急度ですが。買う気が新しい魅力のがない。

明らかに昨年より、パソコン/Macする時間体力気力環境が無くなっている…生きていけないかも…。

iPhone 12シリーズは、プロダクトメーカーの意地と誇りをかけて「スマホ巨大化」に終止符を打ってきた 10.14
「Appleは、プロダクトメーカーだったんだな…モノづくりが好きなんだな、やっぱり。そう思わされたのが、iPhone 12シリーズの発表でした。
スマホが普及して10年以上の時が経ち、進化の旗振り役を担ってきたAppleですが、iPhone 12、iPhone 12 Proは進化の方向性を見直して、過不足なく誰もが満足できるiPhoneを誕生させたように見えます。
…ナイトモードが使えるので、夜間の撮影がぐっと充実します。フラッシュという存在が亡き者になってしまいそう。
…一眼レフカメラへの“尋常ではない執着”
…iPhone 12 Proは12メガピクセルの超広角、広角、望遠カメラ。3つの焦点距離のカメラを用意し、そこに新しくLiDARスキャナを搭載しています。LiDARスキャナはNASAが火星探索に使っている、空間を3D認識するためのセンサーです。
…iPhone 12 Pro Maxはさらに光学手ぶれ補正を搭載。Apple曰く「ハイエンドな一眼レフカメラのレベルを目指した」そうです。センサー自体を動かすことで、鮮明さを保ちながら縦横の動きを相殺していきます。
センサー(実は47%大きくなっている)自体を、X軸Y軸に動かすことで、鮮明な描写を保ったまま、縦横さまざまな手ぶれに対応するといいます。自動車に乗りながら、並走する馬をなめらかに捉えることも可能だといいます。デジタル処理というよりも力技。
…ソフトウェアの機能向上で夜間での撮影クオリティをあげたり、HDRのレベルを押し上げつつ、センサーサイズを大きくしたり、光学手ぶれ補正を搭載したり物理的な面でのアプローチを両立させたiPhone 12 Pro。
Appleは、2018年のiPhone XS発表時でも「一眼レフカメラの再現を求め、社内では溢れるほどのカメラを研究している」と言っていましたが、スマホという小さなデバイスで、常に一眼レフカメラを追い求めているのがわかります。
iPhone 12 Proシリーズは、ソフトウェアでベーシックなニーズを堅牢に固めた上に、さらにプラスしてハードウェア屋としての挑戦を載せたデバイスです。これもAppleがよく言っていることですが、クリエイターの表現の可能性を増やしたい。そのために力技を盛り込んでいるのです。
こんな動画撮りたいな、あんな写真を撮ってみたいな。そういう表現の欲求も伸ばしてくれるのがiPhone 12 Proなのかもしれません。
…AppleはiPhoneだけでなく、OSやチップ、ラップトップにタブレット、スマートウォッチまで多くのモノづくりを手掛けています。他の製品開発で培った経験や部品を一番の売れ筋に詰め込んだ。これがiPhone 12シリーズです。…」
https://www.gizmodo.jp/2020/10/iphone-12-column.html

iPhone12ProMax 検索結果商品一覧
https://twitter.com/y4uk/status/1321116451684560899

Albums: Public

Favorite (1)

1 people have put in a favorite

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.