Help

12:02NHKトップニュースリアルタイム“志村けんさん死去(70)新型コロナウイルス肺炎で”「最後まで皆さんに笑いを届けるという使命を持って頑張っていたと思うので…」“人を笑わす事が使命だった”

  • 1
  • 49

Photos: 12:02NHKトップニュースリアルタイム“志村けんさん死去(70)新型コロナウイルス肺炎で”「最後まで皆さんに笑いを届けるという使命を持って頑張っていたと思うので…」“人を笑わす事が使命だった”

Photos: 12:02NHKトップニュースリアルタイム“志村けんさん死去新型コロナウイルス肺炎で”「これから放送がある番組もありますが思い出して笑っていただければ」その夜から連日各局特番。生きてくのが辛い世の中… Photos: 12:02NHKトップニュースリアルタイム“志村けんさん死去(70)新型コロナウイルス肺炎で”「もこういう亡くなり方をすると思っていなかったと思うが…」“自分が新型コロナに感染したと知らずに逝った”

“使命”を持って…

【まとめ】人を笑わす事が使命だった...志村けん氏(70)突然の死去【振り返る経歴】3月30日
「ご冥福をお祈り申し上げます
生年月日: 1950年2月20日
生まれ: 東京都 東村山市
死亡: 2020年3月29日
本名: 志村康徳
身長: 167 cm
・志村さん訃報に各局MCは絶句
・志村さん 聖火ランナー叶わず
・ドリフメンバー 訃報に絶句
・"「日本の喜劇王」死去 志村さん、海外でも速報 https://t.co/haGEeJOyCA ロイター通信は日本の報道を引用
経歴:
東京都東村山市出身→付き人からドリフへ→加藤茶の付き人となるも1年余りで一度脱走→1974年3月31日→「東村山音頭」がヒット→1979年には加藤茶との「ヒゲダンス」→1980年には「♪カラスの勝手でしょ~(童謡『七つの子』の替え唄)」が人気を博した。→1981年2月18日→1985年に『全員集合』が終了。1986年に『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』がスタート
…一方、1985年の『全員集合』の終了後、シリアスな俳優として新境地を開いたいかりやや加藤と路線を異にし、『古畑任三郎』の犯人役のオファーを断るなど、一貫してコントやバラエティ以外のテレビ番組や映画で俳優として出演しないことを信条としていた志村だったが、1999年には映画『鉄道員(ぽっぽや)』に俳優として出演した。自宅の留守番電話に高倉健直々の出演依頼のメッセージが残されていたため、「高倉の申し出があったのに出演しないとは言えなかった」と出演の理由を明かしている。この時の録音テープは、家宝としてその後も大切に保存しているという。なお、その映画で担当した役は原作にはないシーンで原作に登場しない人物である。その後、「鉄道員」出演以降は一部の声優業を除いて映画やテレビドラマなどには1度も出演した事が無かったが、2020年12月に公開される映画「キネマの神様」(原作は原田マハによる同名小説)にて俳優である菅田将暉とダブル主演を務める事となり、実に「鉄道員」以来約20年ぶりに映画出演を果たす事となった。
…2016年8月19日、肺炎で入院したことが判明した。
…健康診断でみつかったポリープ切除の内視鏡手術で1月に4日間入院していたとのことで、直接的に仕事に影響を及ぼすことはなかった。

…2020年3月17日に倦怠感を訴え、自宅で静養
19日に発熱と呼吸困難の症状が出始め、翌20日に訪問診察をしたところ重度の肺炎と診断され、東京都港区内の病院に緊急入院となった。入院の際に新型コロナウイルスの検査を実施したところ、23日に陽性と判明。
前述の内視鏡手術があったため、免疫力が低下している中での感染だったと推測される。24日には新宿区の国立国際医療研究センター病院に転院し、ECMOを装着。入院時には肺に影も見られ、一時は気道を確保する気管挿管の処置も取られた。また、同日には保健所による調査で、17日が発症日であることと濃厚接触者の特定が完了したが、感染経路については不明とされている。検査結果を受け、同年12月公開予定だった自身初の主演映画『キネマの神様』のクランクインが延期となり3月26日、同作への出演を辞退したことを所属事務所が発表。
突然
2020年3月29日午後11時10分、上述の新型コロナウイルスによる肺炎のため、入院先の国立国際医療研究センター病院で逝去。70歳没
多才だった
ソウル・ミュージック、ファンク、ジャズなど、あらゆる分野の音楽に興味を示し、自宅には膨大な数のレコードやCDのコレクションがある。「ヒゲダンス」で使用されたBGMがテディ・ペンダーグラスの「Do Me」のリフをループしたものであったり、「ドリフの早口ことば」が当時、渡辺音楽出版が発売権を買い付けたシュガーヒル・ギャングの「ラッパーズ・ディライト」の印象に、ウィルソン・ピケットの「Don't Knock My Love」のバックトラックをはめ込んだものだったりしたが、これは当時ソウル・ミュージックを好んで聴いていた志村が探し出して推薦したものである。更に志村加入後に発売されたドリフターズのシングル「ドリフのバイのバイのバイ」では、志村によるソウルフルな合いの手も聞かれる。また、かつて音楽誌『jam』でソウル・アルバムのレビューを書いていたこともある。
過去の出演番組・ラジオ・CM・映画・舞台・レコード(CD)・ゲーム」
https://matome.naver.jp/odai/2158553802920163301

変装して動きで見せるチャップリン的なコントが彼の最高のエンターテインメントですが、こうして見ると、多才です。ドリフは元々「ミュージシャン・バンド」ですもんね。だから本能的に自分も好きなのかのしれません。ひょうきん族よりも。

『番組誕生40周年記念盤 8時だヨ!全員集合 2008 DVD-BOX #ザ・ドリフターズ』
ドリフは志村けんは日本を笑いで世界を救える。
https://twitter.com/y4uk/status/1246117093906378752

Albums: Public

Favorite (1)

1 people have put in a favorite

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.