ヘルプ

ゴールドドリーム(1回東京8日 11R 第35回 フェブラリーステークス(GI)出走馬)

写真: ゴールドドリーム(1回東京8日 11R 第35回 フェブラリーステークス(GI)出走馬)

写真: ノンコノユメ(1回東京8日 11R 第35回 フェブラリーステークス(GI)出走馬) 写真: サンライズノヴァ(1回東京8日 11R 第35回 フェブラリーステークス(GI)出走馬)

撮影場所:東京競馬場(東京都府中市日吉町1番1号)

撮影日時:2018年(平成30年)2月18日(日)午後3時06分頃

撮影地の天気:晴

使用カメラ:Sony Cyber-shot DSC-HX60V

その他:この馬のパパは2002年(平成14年)のジャパンダートダービー(GI)や中山開催となった2003年(平成15年)のフェブラリーステークス(GI)をはじめGIを4勝し、2017年(平成29年)2月18日(土)に急病で安楽死の処置が取られたゴールドアリュール、ママは2007年(平成19年)の中山の江戸川特別(1000万下)等を勝ったモンヴェール、パパのパパは競走馬時代は米国競馬で活躍し種牡馬時代は日本で繋養され2002年(平成14年)に黄泉の国に旅立ったのを理由として種牡馬登録を抹消されたサンデーサイレンス、パパのママはニキーヤ、ママのパパは海外競馬で活躍し引退後に種牡馬として日本にやって来たフレンチデピュティ、ママのママはスペシャルジェイドである。主な勝鞍は2016年(平成28年)の仁川の新馬戦と淀の500万条件、府中のヒヤシンスステークス(OP)、第21回ユニコーンステークス(GIII)、2017年(平成29年)の府中の第34回フェブラリーステークス(GI)と中京の第18回チャンピオンズカップ(GI)である。このレース(第35回フェブラリーステークス(GI))は2着(優勝は内田博幸騎手騎乗のノンコノユメ)である。このレースの後は、船橋の第30回かしわ記念(GI)と大井の第41回帝王賞(GI)を勝っている。次走は盛岡のマイルチャンピオンシップ南部杯(GI)を予定。
[https://estar.jp/_photo_view?w=25167945]
[https://im39a.estar.mbga.jp/0/424/511241424.5000.jpg]

アルバム: 公開

お気に入り (14)

14人がお気に入りに入れています

コメント (0)

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。