Help

サウンドトゥルー(10回川崎4日 11R 農林水産大臣賞典 第16回 JBCクラシック(G?)出走馬)

  • 183

Photos: サウンドトゥルー(10回川崎4日 11R 農林水産大臣賞典 第16回 JBCクラシック(G?)出走馬)

Photos: サウンズオブアース(5回東京8日 11R 第36回 ジャパンカップ(GI)出走馬) Photos: ノンコノユメ(10回川崎4日 11R 農林水産大臣賞典 第16回 JBCクラシック(GI)出走馬)

撮影場所:川崎競馬場(神奈川県川崎市川崎区富士見1丁目5番1号)

撮影日時:2016年(平成28年)11月3日(木・祝)午後4時08分頃

撮影地の天気:晴

使用カメラ:Sony Cyber-shot DSC-HX90V

その他:この馬は2歳GI(朝日杯フューチュリティステークス)や3歳クラシック(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)、それらの前哨戦(トライアル戦を含む)に出走することができず、引退後は種牡馬になることもできないせん馬(去勢された牡馬)である。引退後に去勢された牡馬には、府中で誘導馬を務めるサクセスブロッケンとネコパンチが居る。この馬のパパは海外調教馬のフレンチデピュティ、ママは現役時代は31戦3勝のキョウエイトルース、パパのパパはデピュッティーミニスター、パパのママはミーテランド、ママのパパは1994年(平成6年)の中山の第46回朝日杯3歳ステークス(GI)(現在の朝日杯フューチュリティステークス)を優勝するも、1995年(平成7年)、全治1年以上の屈腱炎発症を理由に皐月賞を回避、そのまま引退し種牡馬登録され、その後腰痛を理由として2010年(平成22年)の種付けを最後に種牡馬を事実上引退(種牡馬登録は抹消されていない)し、第60回有馬記念(GI)翌日に不慮の事故で黄泉の国に旅立ったフジキセキ、ママのママは1993年(平成5年)の貴船ステークス(1500万下)を勝ったキョウエイヨシノである。主な勝鞍は船橋の日本テレビ盃(GII)と大井の東京大賞典(GI)である。この競走(第16回JBCクラシック(GI))は3着である。

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.